診療案内

  1. トップページ>
  2. 診療案内

診療時間

診療時間
午前9:00~12:00
午後3:30 ~ 6:30
  • 【休診日】木曜・土曜午後、日曜、祝日

診療科目

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科の一般診療を行っておりますが、特に咳に対する診療、幼少児での虚弱体質改善のための漢方治療いびき、睡眠時無呼吸の診療に力を注いでおります。

睡眠時無呼吸症候群・いびき

1 睡眠時無呼吸症候群・いびき

睡眠中、舌が落ち込み気道が狭くなった所に、無理して空気を通そうとするため、強い圧力がかかり、粘膜に振動が生じ音が出るのがいびきの正体です。
原因は、あごが小さい・鼻づまり・扁桃の肥大・肥満・疲労・飲酒など様々です。
いびき自体は病気ではありませんが、気道が閉塞して呼吸ができない状態が繰り返される睡眠時無呼吸症候群は病気とされています。

2 睡眠時無呼吸症候群の問題点

  • ・高血圧・脳血管・冠動脈疾患・糖尿病のリスクが大きくなります。
  • ・十分睡眠を取ったとしても、日中の眠気により生活の質が下がります。又車を運転する場合交通事故のリスクも大きくなります。
  • ・睡眠時無呼吸症候群の方のいびきの音は大きく、ご家族の睡眠をしばしば妨げる。

3 睡眠時無呼吸症候群簡易テスト

日中の眠気を感じる事が多い方は次のテストをお試しください。(簡易テストPDFはこちら)
実際に経験してない場合は、仮にその状況になればどうなるかを想像してお選びください。
このテストで11点以上の方は睡眠時無呼吸症候群の疑いがありますので当院に受診してみてください。

4 診察の流れ

診  察

終夜睡眠ポリグラフィー貸出
↓(貸し出し中の場合は予約していただきます)
治療法の選択
1)マウスピース
検査データをもとに、マウスピースを作成していただける歯科を受診していただきます。
2)CPAP(持続気道陽圧法)
空気で圧力をかけて咽の狭くなっている部分を開く方法です。慣れるまで時間を要する場合もありますが、慣れれば無呼吸は劇的に改善し、熟眠感を得ることができます。この治療は保険が適用されますが、毎月から3ヶ月毎の受診が必要になります。

いびき

院長自身、睡眠時無呼吸症候群で、10数年前からマウスピースを使用しています。

マウスピースを使用する以前は大きないびきにより、同室で寝ている幼い息子が泣き出す事もあった様ですが、マウスピースを使用する様になっていびきは殆ど無くなり、日中の眠気の程度も随分楽になり、毎日欠かさず使用しています。

費用について(3割負担の方)

初診・ファイバースコープ検査 約3000円
終夜睡眠ポリグラフィー検査・判断料 約3000円
CPAP ひと月あたり 約5000円

漢方治療

当院では西洋薬を主に使用しますが、症状改善には限界がある事も少なくありません。その場合は積極的に漢方治療も活用しております。

漢方が耳鼻咽喉科診療で役立つ事の多い場合

1.幼い子供さんの虚弱体質改善

1、2歳の頃は免疫も十分でないことが多く、特に保育園に通われているお子さんは絶えず鼻水・鼻づまり、繰り返す中耳炎・発熱で悩まされる事はしばしば経験されると思います。 医療機関でもやむを得ず抗生剤の処方を頻回に行わねばならない事も珍しくなく、耐性菌出現のリスクも上がることになります。この様な場合、漢方薬が大いに役立つ事が珍しくありません。

2.急性上気道炎(感冒 )

急激な免疫力の低下は冷えから生じる事が多く、この場合身体を温める生薬が含まれている漢方薬は効果を発揮します。また、長引く感冒にも役立つ事が多いです。

3.疲れやすさ

長期にわたって疲れやすい状態が続くことがあります。この様な場合、西洋薬ではなかなか改善しない場合も漢方では効果を大いに発揮する事が珍しくありません。

4.慢性副鼻腔炎

細菌感染を契機に副鼻腔の炎症が慢性化し、後鼻漏に悩まされる事があります。マクロライド系抗生剤を長期間使う治療によりかなりの方が改善されますが、完全に後鼻漏は消えずずっと続いてしまうケースも少なからず見られます。この様な場合、漢方薬が大いに役立つ事が珍しくありません。

5.難治性水様性水鼻

水様性鼻水は通常 1,2種類の抗アレルギー剤や点鼻ステロイドにて落ち着く事が多く、症状が重い場合、時にステロイド内服を行う事もあります。しかし、中にはそれでも改善しない場合があります。この場合鍼治療にて効果があがる事も少なくありません。尚、鍼は耳介に刺しますが、長さは1mm以下で痛みは殆どなく、当院では特に費用負担も頂いておりません。

6.のどの違和感

一般的にのどの違和感は感染症に伴う事が多いのですが、感染症の治療を行っても改善が見られないことがあります。このような場合漢方薬が大いに役立つ事が珍しくありません。

7.めまい

めまいの原因はさまざまな要因で起こりえますが、西洋薬にて効果を発揮する事は多いです。ただ漢方薬で効果を発揮する事も珍しくなく、試す価値は大いにあります。

新型コロナワクチン予約のお知らせ

予約時の注意点

  • 予約には当院の診察券と接種券(クーポン券)が必要です。
  • 診察予約のアドレスとは異なりますのでご注意ください。
  • お電話での予約は出来ません。

インターネット予約受付

当院では新型コロナワクチン接種予約をインターネット予約システムで行っています。
パソコン・携帯電話等のインターネットからご利用ください。

新型コロナワクチン接種予約システムはこちら>>

新型コロナワクチン問診票

2020年度 インフルエンザ予防接種

10月1日よりインフルエンザワクチン予防接種を開始いたします。

予約は当院受診歴のある方全ての方が可能ですが、10月25日までは新型コロナウイルスに対する政府の方針により高齢者の方の接種が優先されますので、それ以外の方は接種できない可能性があります。

尚、今年は土曜日の接種は中止させていただき月曜日から金曜日の接種となります。 料金につきましては下記の通りとなります。

接種費用

  令和2年1月~9月
通院加療歴のある方
令和2年1月~9月
通院加療歴のない方
10月中 2,500円 3,500円
11月以降 3,000円 4,000円

インフルエンザワクチン 接種予約について

こちらで受診歴のある方のみとさせていただきます。

<月~金曜日>

  • 診察時間内に接種いたします。
  • 当日のWeb予約、もしくは電話予約となります。
  • 診察券番号でおとりください。電話番号での予約は無効となります。
  • 診察か予防接種か選択できますので、予防接種でおとりください。
    選択できない時は定員に達しておりますので、後日おとりくださいますようお願いいたします。

<土曜日>

今年度の接種は中止いたします。

インフルエンザ問診票ダウンロード

  • ・インフルエンザ予防接種専用の問診票をダウンロードしすべてご記入の上、お越しいただくと待ち時間の短縮になります。
  • ・インフルエンザワクチン接種についての注意事項を必ずお読みください。

インフルエンザ問診票